映画に感謝を捧ぐ! 「毒蛇のお蘭」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は加戸野五郎監督の「毒蛇のお蘭」に

 感謝を捧げようと思います。





 谷井敬の原作をもとにして作られた本作は

 軽妙で苦い時代劇映画であります。

 江戸時代末期~明治時代初期の商業&警察事情

 スター主義、恋愛悲劇、悪女映画

 時代劇アクション、勧善懲悪要素をバランス良く配合しつつ

 軽やかに進行していくストーリー&演出は

 私に、大衆食堂的サービス精神と実験精神の融合と

 社会事情と個人との関係を娯楽的に表現する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (暴力的決着&映画的ご都合主義を抑制した

 渋味の利いたハッピー・エンドとなっている点も

 見逃せません。) 

 まさに軽量な外見に哀愁と教訓性を宿す

 「悪女系時代劇」であると言えるでしょう。

 甘い純愛劇、凶悪な犯罪映画、史劇の間を彷徨いつつ

 時代の転換期に翻弄される大衆の悲劇を描いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック