映画に感謝を捧ぐ! 「チャップリンのお仕事」

映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の

 「チャップリンのお仕事」に感謝を捧げようと思います。


チャップリンのお仕事〈同時収録「チャップリンのいたずら」他〉 CCP-232 [DVD]
株式会社コスミック出版
2012-03-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チャップリンのお仕事〈同時収録「チャップリンのいたずら」他〉 CCP-232 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「フォード家」の奇妙な日常を描いた本作は

 ダーティー且つエネルギッシュな日常風景に

 驚かされるサイレント喜劇であります。

 過酷な労働環境を「笑い所」として表現する手法

 破壊力溢れる天然ボケの嵐

 人情劇&愛憎劇的状況を巧みに喜劇化する技術力が

 一体となる光景は

 私に「人生のドタバタ喜劇性」と

 「上流階級の日常が崩壊する過程」を
 
 同時に見つめる機会をもたらしました。

 (後年の「ブルース・ブラザーズ」に通じる気配を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「アクション系日常喜劇」史上屈指の

 ブラックな楽しさに溢れた作品であると言えるでしょう。 

 C・チャップリンの喜劇力と

 庶民の持つ「上流階級&労働」に対する目線の一端が

 融合することによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック