映画に感謝を捧ぐ! 「午前の幽霊」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はハンス・リヒター監督の「午前の幽霊」に

 感謝を捧げようと思います。


ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]
有限会社フォワード
2009-02-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 とある家で巻き起こる怪現象を描いた本作は

 ユーモア、躍動感、技巧に溢れた不条理劇であります。

 ホラー、絵画、コメディの味わいを兼ね備えた映像が

 軽やかに進行していく事によって

 ある種の「物語性」が生成されていく光景は

 私に技術力とアイデアを兼ね備えた特殊効果と

 怪奇と日常劇の中間に立つ世界の醍醐味を

 満喫する機会をもたらしました。

 ( とある家で巻き起こる怪現象を描いた本作は

 ユーモア、躍動感、技巧に溢れた不条理劇であります。

 ホラー、絵画、コメディの味わいを兼ね備えた映像が

 軽やかに進行していく事によって

 ある種の「物語性」が生成されていく光景は

 私に技術力とアイデアを兼ね備えた特殊効果と

 怪奇と日常劇の中間に立つ世界の醍醐味を

 満喫する機会をもたらしました。

 ( とある家で巻き起こる怪現象を描いた本作は

 ユーモア、躍動感、技巧に溢れた不条理劇であります。

 ホラー、絵画、コメディの味わいを兼ね備えた映像が

 軽やかに進行していく事によって

 ある種の「物語性」が生成されていく光景は

 私に技術力とアイデアを兼ね備えた特殊効果と

 怪奇と日常劇の中間に立つ世界の醍醐味を

 満喫する機会をもたらしました。

 (ホラー映画的ハッタリを駆使しつつも

 作品世界に忠実な邦題と

 論理性を気にしない豪快さと「午前中の出来事」に徹する

 生真面目さを持った作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「和やか系怪奇映画」と呼びたくなるような雰囲気に包まれた

 珍品であると言えるでしょう。

 モンスターや殺人に依存することなく

 怪奇恐怖と絵画的魅力の入り交じった「午前中」へと誘う本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック