映画に感謝を捧ぐ! 「グリード(1924年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリッヒ・フォン・シュトロハイム監督の

 「グリード(1924年版)」に感謝を捧げようと思います。


グリード《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2012-01-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グリード《IVC BEST SELECTION》 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 フランク・ノリスの小説「死の谷 マクティーグ」を

 もとにして作られた本作は

 E・V・シュトロハイム監督の芸術的狂気と

 映画会社の思惑がせめぎ合うことによって生を受けた

 壮絶なる夫婦劇であります。

 微笑ましいロマンスが「富くじの賞金5000ドル」によって

 欲望渦巻く惨劇へと転じていく姿を

 私に「富」の破壊力、人間関係崩壊の過程

 娯楽的映像技と純文学的ストーリーの融合がもたらす

 科学反応を目の当たりにする機会をもたらしました。
 
 (富への執着によって全てを失った男を通じて

 制御なき欲望の果てにある「虚無」を静かに写し出す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「サイレント系陰性文学」の歴史に輝く

 過激作であるといえるでしょう。

 偶然の幸運を装いながら接近し

 慎ましく生きる人々を破滅へと導いていく

 「ゴールド」という名の悪魔と

 飽くなき芸術への執念によって

 自らの「監督生命」を破壊した男の姿が

 重なり合う感覚に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック