映画に感謝を捧ぐ! 「トゥルー・クライム」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はクリント・イーストウッド監督・主演の「トゥルー・クライム」に

 感謝を捧げようと思います。


トゥルー・クライム 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-07-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トゥルー・クライム 特別版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 アンドリュー・クラヴァンの小説「真夜中の死線」を

 もとにして作られた本作は

 苦味と技巧が絶妙のバランスで配合された

 犯罪サスペンスであります。

 男2人の運命を交互に描いていく手法

 サスペンス系映像技法

 主演男優C・イーストウッドの生き様

 アメリカが長きにわたって抱え続ける課題の数々が

 融合することによって生成されたストーリー&演出が

 娯楽的且つ文学的に進行する光景は

 私に「物語の加速化によって生じるご都合主義臭を緩和する」

 「状況説明の過剰化を防ぐ」

 「娯楽的盛り上げを抑制しつつ、スリル&サスペンスを保つ」

 テクニックの一端と

 「イメージ支配の恐怖」・「アメリカの犯罪捜査事情」を

 映画的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「万事解決のハッピー・エンド」に背を向けて

 渋味の利いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「巻き込まれ+探偵系サスペンス」の雄と

 呼びたくなる作品であると言えるでしょう。

 唯一の才能によって「堕落した人生」からの脱却を図ろうとする事件記者と

 「絶望の底なし沼」に陥り、死を間近としながらも

 心の奥底で「真実による救済」を信じる死刑囚の物語が

 クール且つ人情味のあるスリル&サスペンスを醸し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック