映画に感謝を捧ぐ! 「生きるべきか死ぬべきか」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエルンスト・ルビッチ監督の「生きるべきか死ぬべきか」に
 
 感謝を捧げようと思います。


生きるべきか死ぬべきか [DVD]
ジュネス企画
2005-06-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きるべきか死ぬべきか [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1939年のワルシャワで暮らす劇団員たちの運命を描いた本作は
 
 戦争映画史上屈指の「喜劇力」に満ちた作品であります。

 知力、体力、演技力の限りを尽くして

 祖国を侵略するドイツ軍に立ち向かう人々の奮闘を

 ドタバタ喜劇とスパイ活劇を融合させながら写し出す

 ストーリー&演出が軽妙且つ上品に進行する光景は

 私に、強敵との戦いにおける「ユーモア」の重要性

 人生&歴史の喜劇性、スリル&サスペンスと笑いの均整を保つ技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (スパイ活劇的ハッピー・エンドと見せかけて

 喜劇的幕切れへと向かうという

 奇襲技を駆使した作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「喜劇系スパイ活劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 1940年代において「ナチス」を笑い所にする大胆さと

 陰謀&戦火渦巻くヨーロッパ情勢を喜劇的&人情劇的に加工する技術力によって

 頭脳戦の醍醐味、ラブ・コメディ風味、勧善懲悪の爽快感

 時代に翻弄される人々の哀愁を兼ね備えた作品となった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック