映画に感謝を捧ぐ! 「アナザー・カインド・オブ・ラブ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヤン・シュヴァンクマイエル監督の

 「アナザー・カインド・オブ・ラブ」に感謝を捧げようと思います。


ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD]
日本コロムビア
2005-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ヒュー・コーンウェルの同曲をもとにして作られた本作は
 
 躍動感と妖気に溢れたアニメーション映画であります。

 MTV的映像技とホラー&コメディ的アイデアが

 絶妙に絡み合い

 ルーツとなった曲の「映像的イメージ」を生成していく光景は

 私に歌曲に宿る「物語」を引き出す技法と

 怪奇と笑いを結びつける「見えない絆の存在」に

 接する機会をもたらしてくれました。

 (娯楽的高揚感を保ちながら「作品世界」に別れを告げられるよう

 配慮されている点も見逃せません。)

 まさに「映像派ミュージカル・アニメーション」の雄と呼びたくなる
 
 作品であると言えるでしょう。

 軽量級の外見と

 軽快な音楽、細切れ的映像、物語性の均整を保つ

 バランス感覚&戦術性が共存する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック