映画に感謝を捧ぐ! 「間違えられた男(1956年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアルフレッド・ヒッチコック監督の

 「間違えられた男(1956年版)」に感謝を捧げようと思います。


間違えられた男 特別版 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 間違えられた男 特別版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 「クリストファー&ローズ・バレストレロ」の悲劇を

 もとにして作られた本作は

 様々な皮肉に彩られた実話系映画であります。

 無実の罪で逮捕された男と

 彼を襲う悲劇の連鎖によって心を病んだ妻の運命と

 A・ヒッチコック監督の得意技「スター主義」

 「善人をトラブルに巻き込むストーリー展開」

 「サスペンス系映像技」が融合することによって生じる科学反応は

 私に「他者の不幸を物語の種子とする」

 娯楽人の宿命がもたらす効能&暗部と

 1950年代の映画&犯罪捜査事情の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (肩すかし感満載の「真犯人&後日談」によって

 真実が明かされ、正義が達成されたとしても

 「悲劇の根源となる部分は解決しない」

 「万事解決のハッピー・エンドになるとは限らない」事を

 静かに示した幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「実話系巻き込まれサスペンス」の雄と

 呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。

 主演男優H・フォンダのクールな佇まいと

 A・ヒッチコック監督の持つ映像技術力&潜在的サディズムが手を結び

 モンスターとは異なる「社会的怪奇恐怖」を

 冷酷且つ上品に写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック