映画に感謝を捧ぐ! 「チャップリンの転職」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は「チャップリンの転職」に感謝を捧げようと思います。





 車椅子の男性を世話するよう頼まれた

 放浪者が巻き起こす珍騒動を描いた本作は

 ダーティにしてユーモラスなサイレント喜劇であります。

 「身体障害者&人々の善意を利用した悪徳商法」を

 思わせるかのようなストーリー展開と

 剣劇アクション&移動アクション風味の暴れん坊ぶりを発揮しながらも

 「ドタバタ喜劇的笑い」へと転化してしまう

 C・チャップリンと仲間達の喜劇力は

 私に「和やかさと凶悪さの秘めたる近似性」と

 「身体能力、知略、社会性を兼ね備えた笑い」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「勝てば官軍」感満載のハッピー・エンドを通じて

 女性の気まぐれに翻弄される男性心理と

 法的機関に対する人々の不信感を体現している点も見逃せません。)

 まさに「ダーク系チャップリン喜劇」の秘めたる強豪作であると言えるでしょう。

 C・チャップリン扮する主人公の軽やかなる傍若無人ぶりと

 アクション映画&社会派映画的笑い所の連打によって

 外見以上のブラック・ユーモア性&物語性を持った作品となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック