映画に感謝を捧ぐ! 「オリバー・ツイスト(1947年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はデヴィッド・リーン監督の「オリバー・ツイスト(1947年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


オリバー・ツイスト [DVD]
ファーストトレーディング
2011-02-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オリバー・ツイスト [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 チャールズ・ディケンスの同名小説をもとにして

 1947年に作られた本作は

 子供映画史上屈指の「陰鬱系のスリル&サスペンス」に彩られた作品であります。

 不幸の連鎖に翻弄される少年の運命を

 活劇性、怪奇性、極道映画性、人情劇性を絡み合わせながら

 上品且つ躍動的に写し出していくストーリー&演出は

 私に「娯楽的サービス、社会派の苦味、純文学的クールさ」が

 バランス良く配合された映画の醍醐味と

 「暴力描写を曖昧化しつつ、スリル&サスペンスを醸し出す」技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (万事解決のハッピー・エンドでありながらも
 
 悪漢達の「惨めな最期」が印象深い幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「文学史劇系冒険映画」と呼びたくなるような

 雰囲気を持った作品であると言えるでしょう。

 白黒映像の持ち味を最大限に生かし

 ヨーロッパ映画的渋味&品格と娯楽映画的スピード感の均整を保つことによって

 映画界における「オリバー・ツイスト系作品」の幕開けを告げた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック