映画に感謝を捧ぐ! 「ウォー・オブ・ザ・ワールド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェームズ・コンデリク監督の

 「ウォー・オブ・ザ・ワールド」に感謝を捧げようと思います。


ウォー・オブ・ザ・ワールド [DVD]
アルバトロス
2015-01-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウォー・オブ・ザ・ワールド [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 地球に迫る小惑星に立ち向かう人々の運命を描いた本作は

 便乗商品映画界の雄「アサイラム」の魅力が炸裂する

 壮大なるSF珍作であります。

 隕石系SF、地球侵略SF、超能力SFを強引に組み合わせ

 見せ場主義&効率主義的に進行していくストーリー&演出は

 私に他作品を模倣しつつ「意外性」を狙うことによって生じる混乱と

 大作系SF映画史の一端に触れる機会をもたらしました。

 (アサイラム史上屈指の)「絶望感」を感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「便乗商品系SF大作」の歴史を揺るがす

 怪物的作品であると言えるでしょう。

 「アルマゲドン」から「インデペンデンス・デイ」へと向かいつつ

 「宇宙戦争」・「プレデター」・「スキャナーズ」を挟み込んでいく
 
 作劇法&映像技によって

 アサイラム風味と大作的ハッタリ感を兼ね備えたSFとなった本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック