映画に感謝を捧ぐ! 「プラハからのものがたり」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェイムズ・マーシュ監督の「プラハからのものがたり」に

 感謝を捧げようと思います。


ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD]
日本コロムビア
2005-02-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ヤン・シュヴァンクマイエル監督作の舞台裏を

 もとにして作られた本作は

 軽量にして壮大なドキュメンタリー映画であります。

 J・シュヴァンクマイエル監督作の創作過程&原動力を通じて

 アニメーション映画の奥深さ、チェコの歴史、政治と文化の複雑な関係

 「シュルレアリスト」の生き様を世に示そうという試みは

 私に「娯楽的躍動感を保ちつつ、歴史教材としての役割を果たす」

 ドキュメンタリー映画の醍醐味と

 「怒り&哀愁を宿すユーモア」の持つ輝きを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「政治システムは崩壊しても被害の跡は残り続け

 命ある限り創作者の戦いは続く」事を

 静かに写し出す幕切れとなっている点も見逃せません。

 まさに「チェコ&政治+文化入門」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 軽量級のドキュメンタリーでありながら

 歴史大作級のスケール感を醸し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック