映画に感謝を捧ぐ! 「オーメン2 ダミアン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はドン・テイラー監督の「オーメン2 ダミアン」に

 感謝を捧げようと思います。


オーメン2/ダミアン [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2002-04-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オーメン2/ダミアン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1976年の映画「オーメン」をもとにして作られた

 人気シリーズの2作目となる本作は

 宗教性よりも大衆性に重きを置きながら

 聖戦へと向かう「オーメン第2章」であります。

 前作よりもアクション映画的に表現された殺戮描写と

 「ダミアン」のサクセス・ストーリーと

 彼の真実に迫る人々に降りかかる悲劇が

 交互に進行していくストーリーが一体となる光景は
 
 私に「宗教系ホラー」としての魅力を保ちつつ

 大衆娯楽的ホラー性を高めていこうと奮闘する人々と

 運命に翻弄される少年から悪のヒーローへと進化していく

 ダミアンの勇姿を堪能する機会をもたらしました。

 (知略と力を兼ね備えた「悪」と

 善良でありながらも知略&強さに欠けた「正義」の姿が

 悲劇的結末に「ハッピー・エンド」の香りを与えている点も

 見逃せません。)

 まさに宗教映画的神秘性を薄めつつ

 「青春系+聖戦系ホラー」の雄と呼ぶにふさわしい

 領域に到達した作品であると言えるでしょう。

 映像的インパクトと巧妙なる段取り描写を兼ね備えた残酷描写と

 悪の成長物語と推理小説&宗教映画的謎解きを

 バランス良く配合した作劇法によって

 後年の「ファイナル・デスティネーション」シリーズ等に通じる

 道を切り開いた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック