映画に感謝を捧ぐ! 「美の祭典」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレニ・リーフェンシュタール監督の

 「美の祭典」に感謝を捧げようと思います。


美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2009-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美の祭典【淀川長治解説映像付き】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1938年の映画「民族の祭典」の流れを汲む本作は

 前作の精神を継承しつつ、芸術的な方向へと向かっていく

 「第2のベルリン・オリンピック記録映像」であります。

 「民族の祭典」において発揮された技巧的映像表現の限りを尽くして

 集団戦系スポーツ、馬術&水泳、乗り物レースを描写する事によって
 
 「スポーツ」の持つ絵画&文学的魅力が鮮明化していく現象は

 私に「芸術性&体力を兼ね備えたスポーツマン」

 「状況設明台詞のコントロール」

 「娯楽的サービスと記録性の平和的共存」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ドイツ礼賛」的描写を駆使しつつ

 他国を貶める表現を抑制することによって

 宣伝映像臭を緩和する工夫がなされている点も見逃せません。)
 
 まさに「美術館系スポーツ・ドキュメンタリー」の雄と

 呼ぶにふさわしい作品であると言えるでしょう。
 
 「オリンピック」の持つ史劇&活劇的壮大さと

 平和的&芸術的且つスポーツマン・シップ溢れる「世界大戦」の記録が

 残酷なるブラック・ユーモアとなってしまう歴史の無常さを

 同時に感じさせる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 追伸 本作によって「続編」カテゴリーが

     100作に到達いたしました。

     皆さんに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック