映画に感謝を捧ぐ! 「リヴォルト」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョー・ミアーレ監督の「リヴォルト」に

 感謝を捧げようと思います。


リヴォルト [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-05-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リヴォルト [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 記憶を失った男と謎の女性医師「ナディア」の
 
 運命を描いた本作は

 男児向け娯楽の歴史を体現するSF映画であります。

 地球侵略SF、戦争映画、記憶喪失映画を

 状況に応じて使い分けながら進行するストーリー

 米ドラマ&刑事コンビ映画風味溢れる主人公&ヒロイン

 コミック感満載のロボット造形&風景が一体となる光景は

 私に、地球侵略SFにおける「脇役的存在」を

 主要メンバーに据えたストーリー展開と

 男児心&SFマニア魂を余すところなく発揮する

 映像の醍醐味を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (侵略者によって埋め込まれた力を逆手に取った「決着の付け方」が

 大国が小国に武器を供与して「代理戦争」を行わせる戦術によって

 もたらされた「テロ組織の生成」を皮肉っている点も見逃せません。)

 まさに「男児向けSFの総合商社」と呼びたくなるような

 作品であると言えるでしょう。

 アメリカ映画史に残る大作&珍作系SFと

 TVゲーム的発想を合体させた

 ストーリー展開、キャラクター造形、映像表現が炸裂する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック