映画に感謝を捧ぐ! 「蘭の女」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はザルマン・キング監督の「蘭の女」に
 
 感謝を捧げようと思います。


蘭の女 [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
2002-10-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蘭の女 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 弁護士「エミリー」と謎の男「ウィラー」の

 運命を描いた本作は

 1989年の映画「ナインハーフ」の流れを汲みつつ

 道楽的スケール感を上昇させる事によって生を受けた恋愛映画であります。

 リオ・デ・ジャネイロ旅行、ポルノ的お色気

 MTV的音楽&映像を融合させ

 衝動的に進行するストーリー&演出は

 私に「外国旅行」がもたらす精神的影響と

 動物的欲求の赴くままに突き進む作劇法&映像技の味わいを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (愛欲&性衝動とお祭り感覚が混ざり合った

 素朴且つ陽気な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「観光旅行系ポルノ」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 主演男優M・ロークの放つ胡散臭さ&ヒロインのエロティシズム

 リオ・デ・ジャネイロの持つイベント会場&無礼講的魅力

 ロマンス&ポルノ的見せ場を徹底追求する事に

 力を集中させる姿が

 ある種の笑い&感動を呼び起こす本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック