映画に感謝を捧ぐ! 「荒野の友情」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアーマンド・シェーファー監督の「荒野の友情」に

 感謝を捧げようと思います。


ジョン・ウェイン ベストコレクション DVD10枚組 レッドボックス ACC-113
株式会社コスミック出版
2017-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジョン・ウェイン ベストコレクション DVD10枚組 レッドボックス ACC-113 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 逃亡犯「ジョン・ブラント」と彼を助けた男「ジョーンズ」の

 運命を描いた本作は

 軽やかにして渋い西部劇であります。

 二転三転する男2人の関係と

 逃亡劇+潜入捜査要素を融合させつつ

 効率的に進行するストーリー&演出は

 私に「アクションと人間模様の共存」と

 「殺人に依存しないスリル&サスペンスの生成」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (優等生的なハッピー・エンドでありながらも

 後年のJ・ウェインを予見するかのような一言が印象深い

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「コンビ系西部劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 TVドラマ規模のスケール感を保ちつつ
 
 西部劇の時代を生きる人々の「武闘派」ぶりと

 人情と活劇の絡み合いを見せてくれる本作と

生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック