映画に感謝を捧ぐ! 「怪談 お岩の亡霊」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は加藤泰監督の「怪談 お岩の亡霊」に

 感謝を捧げようと思います。


怪談 お岩の亡霊 [DVD]
東映ビデオ
2007-07-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怪談 お岩の亡霊 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 江戸時代の実話をもとにして作られた怪談「四谷怪談」をもとにして

 1961年に作られた本作は

 陰鬱にして凶暴な怪談映画であります。

 「四谷怪談」にイタリア西部劇的暴力&性描写を融合させることによって

 生成されたストーリー&演出、キャラクター造形が

 東映的スター主義と共に進行していく光景は

 私に「悲劇性を抑制し、暴力性を高める方向に向かう」怪談と

 「1960年代の時代劇映画事情」の一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪時代劇の王道に即しつつ

 怪奇ムードの生成&剣豪俳優への配慮を感じさせる決着の付け方と

 なっている点も見逃せません。)

 まさに「武闘派怪談映画」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 四谷怪談をアクション&ホラー的に加工することによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック