映画に感謝を捧ぐ! 「ブルース&ロイドのボクらもゲット・スマート」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジル・ジュンガー監督の「ブルース&ロイドのボクらもゲット・スマート」に

 感謝を捧げようと思います。


ブルース&ロイドの ボクらもゲットスマート [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2008-10-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブルース&ロイドの ボクらもゲットスマート [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 2008年の映画「ゲット・スマート」の流れを汲む本作は

 笑いと郷愁に包まれたスパイ喜劇であります。

 「ゲット・スマート」の脇役コンビを利用して

 軽量級の番外編を生成するという発想

 007シリーズと「メン・イン・ブラック」シリーズを組み合わせ
 
 ユーモア性を補強する事によって生み出された装飾&アクション

 M・オカ&N・トレンスの漫才的コンビネーションが一体となる光景は

 私に「二本立て興行&量産型映画時代」の佇まいと

 「バラエティ番組&スパイ系同人誌的ユーモア」を満喫する機会をもたらしました。

 (「キャノンボール&アジア映画系」と見せかけて

 変化球を仕掛けるエンドロールも見逃せません。)

 まさに「併映作品系スパイ喜劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 大作&話題作の片隅で静かに咲く「軽量級映画」の醍醐味と

 映画における「脇役」の重要性を軽やかに体現した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック