映画に感謝を捧ぐ! 「ラスト・スペースシップ」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はサイモン・フィリップス監督・出演の

 「ラスト・スペースシップ」に感謝を捧げようと思います。


ラスト・スペースシップ [DVD]
アルバトロス
2018-01-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラスト・スペースシップ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 宇宙船「ペガサス号」と共に新天地を目指す

 人々の運命を描いた本作は

 クールにして暴れ馬的なSF映画であります。

 宇宙系SF、道中劇、閉鎖系ミステリーをつなぎ合わせ

 出たとこ勝負的に進行するストーリーと

 淡々とした演出&CG映像が一体となる光景は

 私に「映画的情報撹乱戦術」の一端と

 「宇宙の神秘性&宇宙旅行のストレス」を

 SF的に表現する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (強靱なる「自己犠牲礼賛&ハッピー・エンド信仰」に支配された

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ミステリー・ツアー系SF」の一翼を担う

 静かなる珍作であると言えるでしょう。

 論理性&伏線回収よりも「謎めいた雰囲気作り」を重視する精神と

 物語の大半を「宇宙船内部」で進行させつつ

 様々な娯楽要素を詰め込む貪欲さに彩られた本作と
 
 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック