映画に感謝を捧ぐ! 「復活(1934年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はルーベン・マムーリアン監督の「復活(1934年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


名作文学を映画で楽しむ 罪と罰 高慢と偏見 DVD10枚組 ACC-079
株式会社コスミック出版
2016-08-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 名作文学を映画で楽しむ 罪と罰 高慢と偏見 DVD10枚組 ACC-079 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの同名小説をもとにして

 1934年に作られた本作は

 軽量な外見の中に先見性と娯楽的知略を宿す恋愛映画であります。

 ルーツとなった小説に秘められた「社会主義的メッセージ&過激派宗教論」を抽象化し

 少女漫画的ロマンス要素を強調することによる

 ストーリー展開の効率化

 当時の技術&史劇的アイデアによって

 後年のミュージカル&MTVを先取りした音楽&映像技法

 舞台劇的演出法&台詞回しが一体となる光景は

 私に「ロシア文学のアメリカ映画的解釈」と

 「政治的メッセージ&純文学の大衆娯楽化」の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (宗教映画と恋愛映画のハッピー・エンドを組み合わせたかのような

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「社会派入り文学系恋愛劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 L・N・トルストイ文学+アメリカ製娯楽映画技法+女性向け格差恋愛劇の王道という

 異色の組み合わせによる科学反応を見せてくれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック