映画に感謝を捧ぐ! 「執念のミイラ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はレジナルド・ル・ボーグ監督の「執念のミイラ」に

 感謝を捧げようと思います。


ドラキュラ vs ミイラ男 ホラー映画 傑作集 ACC-018 [DVD]
株式会社 コスミック出版
2015-03-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラキュラ vs ミイラ男 ホラー映画 傑作集 ACC-018 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 1940年の映画「ミイラの復活」をもとにして作られた

 人気シリーズの3作目となる本作は

 怪奇劇から悲劇へと向かっていく作品であります。

 「ミイラ系ホラー」ならではの持ち味を保ちつつ

 モンスターの純愛、モンスターを操る人間の葛藤

 時間を超越した因縁に巻き込まれていくヒロインと

 彼女を取り巻く人々の思いを強化することによって

 悲劇のあるホラーへと進んでいくストーリー展開は

 私に「怪奇恐怖と恋愛悲劇を結ぶ絆」の存在と

 モンスター系ホラーを「路線化」されていく手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (映画史上希に見る「モンスター目線のハッピー・エンド」を世に送り出した
 
 作品であるという点も見逃せません。)

 まさに「ミイラ系怪奇悲恋劇」の称号にふさわしい

 一作であると言えるでしょう。

 ミイラ系ホラー史を彩る名キャラクター

 「カリス王子、アナンカ王女、アドベフ」の魅力を生かしつつ

 軽量級ホラー特有の見世物感、怪優L・チェニーの存在力
 
 恋愛悲劇要素を高めていくことによって生を受けた本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック