映画に感謝を捧ぐ! 「スリーデイズボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエリック・イングランド監督の

 「スリーデイズボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間」に

 感謝を捧げようと思います。


スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 [DVD]
アルバトロス
2014-03-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 謎の病気に襲われた女性「サマンサ」の3日間を描いた本作は

 ホラー映画史上屈指の「サクセス・ストーリー性」を持った怪作であります。

 ラブストーリー&難病映画的状況から

 ゾンビ系ホラーの世界へと変異していく状況を

 軽量級の残酷描写&性描写を駆使して写し出す

 ストーリー&演出、キャラクター造形は

 私に同性愛&愛憎渦巻く世界が「ホラー風味」に支配されていく恐怖と

 「衝動的性行為」に対する警鐘をホラー的に表現する技法の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (意外性の追求よりもホラー的商業戦術に重きを置いた邦題と

 最終局面において「愛憎劇の終わりとゾンビ系ホラーの幕開け」を告げるという

 大胆な手法を用いている点も見逃せません。)

 まさに「背徳型ロマンス入りゾンビ系ホラー」の一翼を担う
 
 作品であると言えるでしょう。

 「ゾンビ映画の番外編」を

 女性映画&時間限定サスペンス的に描くことに挑んだ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック