映画に感謝を捧ぐ! 「第四の核」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジョン・マッケンジー監督の「第四の核」に

 感謝を捧げようと思います。


第四の核 [DVD]
キングレコード
2017-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第四の核 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 フレデリック・フォーサイスの同名小説をもとにして作られた本作は

 渋味の利いたスリルと粘り強さを感じさせる

 テロ対策映画であります。

 活劇性&キャラクター性、映像的インパクトを抑制し

 静かに進行するストーリー&演出

 主演男優M・ケインの和やかさ&敵役P・ブロスナンのクールな佇まい

 スリリングでありながらも品のある音楽が一体となる光景は

 私に、最小限度の暴力&破壊描写で「テロ対策」を描くことに

 挑む人々の勇姿と

 「東西冷戦」に対する考察を娯楽的に表現する手法の

 一形態に接する機会をもたらしました。

 (穏やかな雰囲気の中に

 「アクション映画的ハッピー・エンド」に対する疑心を宿す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ワン・アイデア系テロ対策映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 複雑化の一途をたどる国際情勢、イギリス製スパイ映画ならではの苦味

 大衆娯楽的サービス精神が絡み合い

 後年のテロ対策映画に対する「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック