映画に感謝を捧ぐ! 「戸田家の兄妹」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回は小津安二郎監督の「戸田家の兄妹」に

 感謝を捧げようと思います。


戸田家の兄妹 [DVD] COS-017
Cosmo Contents
2007-08-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戸田家の兄妹 [DVD] COS-017 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 当主を失った名家「戸田家」の運命を描いた本作は

 驚異的なバランス感覚に彩られた和製ホームドラマであります。

 「当主の死&名声と財政状況の乖離」によって

 陰鬱化していく人間模様と喜劇風味

 大衆娯楽気質と純文学性

 スター主義と物語性の均整を保ちつつ

 静かに進行していくストーリー&演出は

 私に「人生のドラマ性」・「スリル&サスペンスと人情味の共存」

 「日本的家族文化」の一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (恋愛劇的方向に向かうと見せかけて「肩すかし」を喰わせる幕切れが

 男の繊細さ&女性の精神的強靱さを体現している点も見逃せません。)

 まさに「世代間抗争系家族劇」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 家族の静かなる崩壊と再生への一歩を

 俗物的見せ場&見世物的映像技に依存することなく描くことに挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック