映画に感謝を捧ぐ! 「iPSー恐怖の暴走細胞ー」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はエロン・シーアン監督の「iPSー恐怖の暴走細胞」に

 感謝を捧げようと思います。


iPS [DVD]
ディファレンス
2015-07-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by iPS [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 科学者「ジェフ・バートン」と彼を取り巻く人々の
 
 運命を描いた本作は

 SF映画史上屈指の「陰鬱さ&肩すかし性」を感じさせる珍作であります。

 テクノロジー系SFの法則に則しつつ

 映像的インパクト&SF的スケール感を抑制し

 淡々と進行するストーリー&演出が放つ

 「クールな恐怖&難解さ」は

 私に「単純な状況を複雑に表現する」作劇法と

 「SF映画的ハッタリ戦法」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (軽量映画的宣伝戦術の一つ

 「世間を賑わせる要素に便乗する」を体現した邦題と

 ハッピー・エンドに属しつつも意地悪さ&危うさを感じさせる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「陰性バイオ・テクノロジー系SF」の頂点を目指して

 静かに歩んでいく作品であると言えるでしょう。

 モンスター映画的方向に向かうと見せかけて

 難病映画的方向へと進むことによって

 人間の肉体&精神を狂わせる「根源」に迫る本作と

  生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック