映画に感謝を捧ぐ! 「ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はシグ・ショア監督の

 「ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド」に感謝を捧げようと思います。





 音楽プロデューサー「コールマン」と

 彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 軽妙でありながらも苦味の利いた舞台裏映画であります。

 音楽業界の暗部をえぐり出す過激さ

 「アース・ウインド&ファイアー」の魅力を生かすアイドル映画性

 青春映画的サービス精神を兼ね備えたストーリーと

 MTV的軽快さと1970年代的渋味がバランス良く配合された演出が一体となる光景は

 私に、1970年代映画技法と80年代映画技法

 芸術性と経済性、娯楽要素と記録映像要素の

 明るくも激しいせめぎ合いを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (サスペンス的どんでん返しとライブ的高揚感が

 入り交じった幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「音楽業界+アース・ウインド&ファイアー入門」の

 一翼を担う一作であると言えるでしょう。

 スター主義とストーリー性、ユーモアとシリアスの均整を保ちつつ

 音楽ビジネスに関わる人々の真実に迫る本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック