映画に感謝を捧ぐ! 「プール(2016年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はマッド・エスカンダリ監督の「プール(2016年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


プール [DVD]
アルバトロス
2018-04-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プール [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 プールに閉じ込められた2人姉妹の運命を描いた本作は

 省力的にして奇策的な空間限定映画であります。

 「オープン・ウォーター」シリーズの流れを汲むトラブルと

 異常心理サスペンスを融合させつつ

 ホームドラマ&人情劇的な方向へと向かうストーリーと

 「暗き青」に彩られた映像が一体となる光景は

 私に「人員&場所の節約」と

 鑑賞者に「展開の先読み」をさせまいとする執念の融合によって

 ストーリーが段階的に穏健化していく現象を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「ハッピー・エンド」によって様々な問題を隠蔽する

  戦術的な幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「穏健派巻き込まれサスペンス」の一翼を担う

 珍作であると言えるでしょう。

 殺人場面に依存しないサスペンスの追求と

 胡散臭さ溢れるキャラクター造形によって

 緩慢な物語&映像を補強することに挑んだ本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック