映画に感謝を捧ぐ! 「SF火星の謎 アストロノーツ」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はロバート・マイケル・ルイス監督の

 「SF火星の謎 アストロノーツ」に感謝を捧げようと思います。


SF火星の謎 アストロノーツ [DVD]
有限会社フォワード
2016-07-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SF火星の謎 アストロノーツ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 火星で謎の死を遂げた宇宙飛行士の身代わりとなった男

 「エディ・リース」と彼を取り巻く人々の運命を描いた本作は

 SF映画史上屈指の「意外性」を見せてくれる異色作であります。

 宇宙系SF的に幕を開けつつ

 陰謀&恋愛劇へと移行していくストーリー&演出が

 軽快且つ渋く進行していく光景は

 私に「1970年代的反抗精神」と

 宇宙に対する複雑な思いが混ざり合うことによって生じる

 科学反応の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (悲劇の香りを匂わせつつ「結論」を抽象化する事によって

 他のSF作品とは異なる形で

 鑑賞者の想像力を刺激している点も見逃せません。)

 まさに「人間模様重視系SF」の一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 特殊効果よりもアイデア&ストーリー性を重視したSF映画の醍醐味と

 政府&ハッピー・エンド史上主義への疑心に彩られた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック