映画に感謝を捧ぐ! 「気晴らし」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の

 「気晴らし」に感謝を捧げようと思います。





 1人の女性を巡って争う男たちの運命を描いた本作は

 映像的ユーモア力を徹底追求したサイレント喜劇であります。

 アクション&愛憎劇的な人間模様を

 ドタバタ喜劇的に加工したストーリー&演出が

 怒濤の勢いで進行していく光景は

 私に「人生の喜劇性」に対する観察力と

 娯楽的スピード感&情報管理を徹底追求する技術力+精神力を

 兼ね備えた人々の勇姿を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ロマンスよりも少年漫画的爽快感に満ちあふれた

 ハッピー・エンドとなっている点も見逃せません。)

 まさに「愛憎喜劇」の雄と呼ぶにふさわしい

 軽量級作品であると言えるでしょう。

 男性の繊細さ&滑稽さと女性の潜在的媚薬性を

 心技体兼ね備えたユーモアで写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック