映画に感謝を捧ぐ! 「パラダイスキャニオン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はカール・L・ピアソン監督の「パラダイスキャニオン」に

 感謝を捧げようと思います。


パラダイスキャニオン - PARADISE CANYON - [DVD]
PD Classic
2014-03-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パラダイスキャニオン - PARADISE CANYON - [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 偽造紙幣作りの黒幕を追う捜査官「ジョン・ワイヤット」の

 運命を描いた本作は

 緩やかにして堅実な西部劇であります。

 西部劇の定番を的確に抑えつつ

 刑事映画要素を導入したストーリー&演出が

 段階的にアクション・コメディ風味に包まれていく光景は

 私に「大道芸的アクション・シーン」と

 「どんでん返し&殺人に依存しないスリル生成」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪的ハッピー・エンドで幕を閉じると見せかけて

 ドタバタ喜劇的幕切れを迎えるという

 奇襲技を繰り出している点も見逃せません。)

 まさに「活劇+喜劇系西部劇」の一翼を担う軽量作であると言えるでしょう。

 迫力よりものどかさが印象深いヒーロー&悪漢

 ホームドラマ風味漂う「薬売り兼芸人一座」

 西部劇の王道を軽快にしてコミカルに突き進む

 ストーリー展開に心和まされる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック