映画に感謝を捧ぐ! 「オペレーション・ダンケルク」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はニック・ライオン監督の「オペレーション・ダンケルク」に

 感謝を捧げようと思います。


オペレーション・ダンケルク [DVD]
アルバトロス
2017-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オペレーション・ダンケルク [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ドイツ人科学者の回収を命じられたイギリス軍兵士5人の

 運命を描いた本作は

 清々しいほどの「男児&小規模映画会社気質」に心和まされる戦争映画であります。

 便乗商品風味満載の題名

 「プライベート・ライアン」を軽量化し

 1980年代風味を添えたストーリー

 戦争ごっこ+TVゲーム感満載の戦闘描写が一体となる光景は

 私に「歴史&話題作」のアサイラム的活用法と

 「活劇系戦争映画」の法則に基づいた作劇法の

 一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アメリカ映画界に宿る「西部劇文化」を体現するかのような

 決着の付け方となっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級サバイバル・ゲーム型戦争映画」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 便乗商品映画の雄「アサイラム」の魂

 冒険活劇系戦争映画の伝統

 映画史における「ナチス」の万能性が融合し

 歴史の隙を巧みに突いた「アトラクション・ムービー」となった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック