映画に感謝を捧ぐ! 「ターミネーター・ウォー」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンドリュー・ベルヴェア監督の「ターミネーター・ウォー」に

 感謝を捧げようと思います。


ターミネーター・ウォー LBX-626 [DVD]
エー・アール・シー株式会社
2015-06-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ターミネーター・ウォー LBX-626 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 2532年のアメリカで繰り広げられる

 人類と機械の戦いを描いた本作は

 テクノロジー系SF史上屈指の緩やかさを感じさせる珍作であります。

 SF映画マニア気質、節約志向、状況設明台詞によるスケール感増幅を

 徹底追求したストーリーと

 TVゲーム&コミック感満載CG映像が

 暴力的且つ緩慢に進行する光景は

 私に「ほのぼのとした世界の危機」・「シリアスな笑い所」

 「残酷描写の抽象化」・「CGの低価格化」の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「エイリアン、ターミネーター、プレデター」の流れを汲む任務から

 「ブレードランナー」の流れを汲むどんでん返しへと転じ

 絶望感と笑いの交錯する「決着」へ着地するという

 離れ技を披露している点も見逃せません。)

 まさに「笑劇系SF映画」の最高位に向かって

 静かに歩んでいく一作であると言えるでしょう。
 
 SF映画史におけるJ・キャメロン監督の影響力

 邦題戦術の妙、軽量級映画特有の現象「スタッフ兼キャスト」

 リサイクル&省エネ的映画作りの醍醐味を体現する作品の一つである本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック