映画に感謝を捧ぐ! 「チャップリンのいたずら」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチャールズ・チャップリン監督・主演の
 
 「チャップリンのいたずら」に感謝を捧げようと思います。




 公園で繰り広げられる珍騒動を描いた本作は

 バランス感覚とアイデア性に彩られたサイレント喜劇であります。

 「公園」という場所の特性を生かす知略

 複数カップルの物語を段階的につなぎ合わせて

 一つの物語にしていく技術力

 アクション、サスペンス、恋愛悲劇的状況を

 ユーモラスに加工する喜劇力が一体となる光景は

 私に「映画的地形効果」・「悲劇&陰謀劇と喜劇の秘めたる近似性」

 「活劇的コミュニケーションの醍醐味」の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (意地悪な決着の付け方を「笑い所」へと転化する

 恐ろしくもユーモラスな幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「軽量級空間限定型ドタバタ喜劇」の強豪作であると言えるでしょう。

 C・チャップリン扮する主人公のマイペースさによって

 結びつけられていく人間関係によって

 人生の神秘性&ブラック・ユーモア性を写し出す本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!、

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック