映画に感謝を捧ぐ! 「犯人は21番に住む」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の

 「犯人は21番に住む」に感謝を捧げようと思います。


犯人は21番に住む -デジタルリマスター版- [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2014-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犯人は21番に住む -デジタルリマスター版- [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 連続殺人犯「ムッシュー・デュラン」を追う刑事&女性歌手と

 彼らを取り巻く人々の運命を描いた本作は

 ユーモアとシリアスが軽妙に絡み合う

 フランス製サスペンス映画であります。

 探偵小説と日常系コメディの持ち味を兼ね備えた

 ストーリー&演出、キャラクター造形が

 上品且つ軽快に進行していく光景は

 私に「犯罪サスペンスの秘めたる喜劇性」と

 「映像技を駆使したスリル&サスペンスの醍醐味」を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (推理小説特有の「どんでん返し」を皮肉るかのような真相と

 コミカルさとクールさがバランス良く配合された

 幕切れも見逃せません。)

 まさに「ブラック・ユーモア系犯罪サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 庶民的ムードと神秘性、残酷さと滑稽さを兼ね備えた映像&物語と

 夫婦漫才風味を宿す捜査官コンビ

 人間心理を巧みに突いた犯罪トリックによって

 後年のサスペンス映画&TVドラマに対する

 「道しるべ」の一つとなった本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック