映画に感謝を捧ぐ! 「ドラゴンファイター」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はチュン・チー監督の「ドラゴンファイター」に

 感謝を捧げようと思います。


ドラゴンファイター [DVD]
ARC
2010-03-01
ジャッキー・チェン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドラゴンファイター [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 謎の財布を巡る争いに巻き込まれた

 タクシー運転手「チャン」の運命を描いた本作は

 活劇性と資料性が交錯するアクション映画であります。

 西洋流巻き込まれ映画の定番に即しつつ

 「突発的アイデアの継ぎ接ぎ」的に進行するストーリーの中で
 
 身体能力、地形効果、小道具を生かしたアクション・シーンが
 
 輝きを放つ光景は

 私に「1970年代前半のアジア映画&J・チェン」が放つ空気と

 その場しのぎ的作劇法+舞踏的肉弾戦が

 「笑い所&和み」に転化していく現象を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アジア映画マニア魂&映画的ハッタリに満ちあふれた邦題と

 勧善懲悪の爽快感とコメディ性が調和した

 決着の付け方となっている点も見逃せません。)

 まさに「王道的にして奇想天外な」

 香港製巻き込まれアクション映画であると言えるでしょう。

 アジア映画界が誇る活劇俳優・チェンのアクション技能&知略と

 庶民的ムードと武術力を兼ね備えた俳優&女優陣が

 行き当たりばったり感満載のストーリーを補強する姿に心打たれる本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック