映画に感謝を捧ぐ! 「ZOMBEE ゾンビー~最凶ゾンビ蜂襲来~」  

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はミルコ・デイヴィス監督の

 「ZOMBEE ゾンビー~最凶ゾンビ蜂襲来~」に

 感謝を捧げようと思います。


ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~ [DVD]
ブロードウェイ
2018-04-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZOMBEE ゾンビー ~最凶ゾンビ蜂 襲来~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 巨大蜂の脅威にさらされた世界を旅する

 人々の運命を描いた本作は

 軽量にして強欲なモンスター映画であります。

 暇つぶし規模の枠内に

 巨大生物系モンスター映画、ゾンビ映画

 災害映画、西部劇風描写、宗教論争を

 詰め込む事によって緩慢化した

 ストーリー&演出は

 私に、複数のホラー要素をバランス良く配合する事と

 逆境において信念を貫く&他者を信じる事の難しさを

 軽量級ホラー的に表現する技法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (本格的な「ゾンビ映画化」によって幕を閉じるという

 大胆不敵な手法を試みている点も見逃せません。)

 まさに「巨大生物+ゾンビ系ホラー」史上屈指の

 反面教師系怪作であると言えるでしょう。

 便乗商品&駄洒落感満載の原題と

 大いなる「ハッタリ&悪ノリ精神」を発揮する邦題がもたらす

 ブラック・ユーモアと

 宗教系モンスター映画と

 「ウォーキング・デッド」系ゾンビ映画のせめぎ合いを

 同時に堪能させてくれた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック