映画に感謝を捧ぐ! 「検屍官 沈黙する死体」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はヨルグ・ルドルフ監督の「検屍官 沈黙する死体」に

 感謝を捧げようと思います。


検屍官 沈黙する死体 [DVD]
ニューセレクト
2007-06-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 検屍官 沈黙する死体 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 友人の死に潜む真実に迫る医学生「レオ」と

 仲間たちの運命を描いた本作は

 アルバトロスが誇る外国映画シリーズの一つ

 「検屍官シリーズ」の誕生を告げた

 ドイツ製サスペンス映画であります。

 青春ドラマ、刑事ドラマ、医療ドラマの特性を網羅しつつ

 暇つぶし&見世物規模を守り続けるストーリー&演出は

 私に「TVドラマ文化」を軽量映画的に表現する技法と
 
 犯罪捜査を多角的に描写する手法の一形態を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アクション映画的派手さよりも遵法精神を重視した

 決着の付け方となっている点も見逃せません。)

 まさに「優等生系猟奇サスペンス」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 探偵小説風味と刑事映画風味

 ヨーロッパ映画的渋味とアルバトロス的ビジネス精神が

 絡み合いながら軽やかに進む本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック