映画に感謝を捧ぐ! 「シンデレラ(1914年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジェームズ・カークウッド監督の

 「シンデレラ(1914年版)」に感謝を捧げようと思います。


メアリー・ピックフォードのシンデレラ [DVD]
WHDジャパン
2015-05-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メアリー・ピックフォードのシンデレラ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 シャルル・ペローの同名小説をもとにして

 1914年に作られた本作は

 情緒とスピード感が程よく調和した

 サイレント恋愛劇であります。

 童話的ムードに溢れた映像作り&配役と

 和やかにして躍動的な音楽によって

 効率主義的に進行するストーリーに

 ユーモアと神秘性を持たせようという試みは

 私に「特殊効果に依存しないファンタジー風味の生成」と

 「大作と軽量級作品の持ち味を融合させる技法」の

 一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (感動誘発主義や後日談に溺れない

 クール且つ爽快な幕切れとなっている点も見逃せません。)
 
 まさに「史劇風ラブ・ファンタジー」の雄と呼ぶにふさわしい

 作品であると言えるでしょう。

 見せ場&スター主義とサイレント映画&お伽噺の魅力をバランス良く配合した

 映像技&作劇法によって

 映画史における「シンデレラ路線」の一翼を担う本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック