映画に感謝を捧ぐ! 「ヒトラーの野望 開戦への序曲」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はフランク・キャプラ監督の「ヒトラーの野望 開戦への序曲」に

 感謝を捧げようと思います。


ヒトラーの野望

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒトラーの野望 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 フランク・キャプラ監督+アメリカ軍による宣伝映像

 「なぜ我々は戦うのか」の一翼を担う本作は

 多彩な技術力を駆使した宣伝映像であります。

 歴史&世界情勢の知識、ブラック・ユーモアのセンス

 サスペンス&ホラー的映像技法

 娯楽映画的編集術の限りを尽くして

 「アメリカの偉大さ」をアピールしつつ

 枢軸国(日本、ドイツ、イタリア)への戦意を煽る戦術は

 私に「F・キャプラ監督の娯楽技術」の軍事的利用法と

 民主主義の旗を掲げつつ「ファシズム的」な扇動が

 展開されてしまう現象の一端を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ドイツ&日本の危険性&強敵感を誇張しつつ

 イタリアを「小者」的に描写している点と

 昨今の米ドラマにおける「シーズン最終話」的煽りで

 幕を閉じる構造になっている点も見逃せません。)

 まさに「戦意高揚系歴史論」の歴史に輝く

 過激作であると言えるでしょう。

 枢軸国に対する「アメリカ的解釈」

 アメリカに都合の良い部分のみを取り上げ

 巧みに「編集」された歴史論

 民主主義と平和を愛するという看板の裏で

 繰り広げられる「アクション映画的扇動」によって

 アメリカ精神を称えつつ

 アメリカ人の自国本意さを批判し、戦いへと向かわせる作品であると同時に

 当時の日独伊とアメリカが外見以上に類似した存在であることを

 暗示する作品でもあるという現状に戦慄を禁じ得ない本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック