映画に感謝を捧ぐ! 「シャークネード ワールド・タイフーン」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンソニー・C・フェランテ監督の

 「シャークネード ワールド・タイフーン」に感謝を捧げようと思います。


シャークネード5 ワールド・タイフーン [DVD]
アルバトロス
2017-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シャークネード5 ワールド・タイフーン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 2013年の映画「シャークネード」をもとにして作られた

 人気シリーズの5作目となる本作は

 独特のスケール感&アイデア性の赴くままに進化を遂げた

 「アサイラム・サメ路線」屈指の笑撃作であります。

 「主人公一家とサメ台風との戦い」という原則を守りつつ

 イギリスが誇る娯楽文化シリーズ「007&ハリーポッター」

 アメリカ製コミック、時代の潮流を取り込み

 世界中を駆けめぐるストーリーと

 怪獣映画&アクション・コメディ的アイデアの限りを尽くしたCG映像が

 一体となる光景は

 私に「アサイラム文化とヨーロッパ文化の融合」がもたらす科学反応と

 悪ノリ的に増幅する便乗精神が「唯一無二の個性」へと変異していく現象を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (軽量級映画界を彩るヨーロッパ系アクション・スターと

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー要素」の奇襲によって

 新たなる領域へと向かう幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「シャークネード諸国漫遊記」の称号にふさわしい

 一作であると言えるでしょう。

 アメリカン・ヒーローズの枠を超え

 世界的大物へと進化を遂げた主人公一家

 ワン・アイデア勝負の軽量作として生を受けながら

 大作感を身につけた映像&物語

 竜巻に巻き込まれた「被害者」から

 竜巻と共に世界を脅かすモンスターと化したサメの勇姿が

 「サメ映画」の次元を超越した輝き&笑いを放つ本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック