映画に感謝を捧ぐ! 「裸の拍車」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はアンソニー・マン監督の「裸の拍車」に

 感謝を捧げようと思います。


裸の拍車 [DVD]
ジュネス企画
2008-01-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裸の拍車 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 賞金稼ぎ「ケムプ」と彼を取り巻く人々の
 
 運命を描いた本作は
 
 A・マン監督&J・スチュアートの名コンビによる

 3作目の西部劇であります。

 西部劇の王道に即したアクションと

 犯罪映画的人間模様が融合する事によって生を受けた

 ストーリー&演出が娯楽戦術的に進行する光景は

 私に、大衆娯楽的サービス精神と教訓劇要素の共同戦線と

 ワンマン・ヒーローに依存しない娯楽アクションの醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感よりも「金銭欲&過去の呪縛」から解放された

 男女の姿に重きを置いた幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「頭脳戦入り道中西部劇」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 アメリカ西部劇的サービス精神に基づく見せ場と

 勧善懲悪の枠に囚われない複雑なキャラクター造形が共存する本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック