映画に感謝を捧ぐ! 「デスキャンプ 屍獣たちの宴」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はブラッドリー・スコット・サリヴァン監督の

 「デスキャンプ 屍獣たちの宴」に感謝を捧げようと思います。





 奉仕活動のために山を訪れた男女6人の運命を描いた本作は

 悪食系ホラー映画の歴史を写し出す山系ホラーであります。

 1980年代ホラー風味漂うキャラクター&風景

 「オーメン&ファイナル・デスティネーション」シリーズの
 
 流れを汲む死に様

 「悪魔のいけにえ」風チェンソー描写

 「死霊のはらわた」的残虐ユーモア&スピード感が

 一体となる光景は

 私に「継ぎ接ぎ&その場しのぎ」の極限を目指すことによって

 生成される特殊な作家性&喜劇性と

 「ホラー映画マニア魂&軽量ホラー的ビジネス精神」が行き着く先の

 一端を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (「皆殺し」への執着に彩られた決着→和やかなエンドロールによって

 凶悪にして心和む幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「残酷趣味系ホラー映画入門」の一翼を担う

 大怪作であると言えるでしょう。

 論理性&感情移入を犠牲にしてまでも

 「人生に潜む死因」・「不条理な死がもたらす理性&倫理崩壊」
 
 「1970~90年代ホラー気質」を体現する事を追い求める

 アウトロー精神と

 「死」を娯楽化した存在に触れることによってもたらされる

 罪悪感を極限まで緩和する技術力が融合した本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック