映画に感謝を捧ぐ! 「クレイジーラブ 狂熱の欲望」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャッキー・カトゥ監督の

 「クレイジーラブ 狂熱の欲望」に感謝を捧げようと思います。


クレイジーラブ 狂熱の欲望 [DVD]
アルバトロス
2018-04-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クレイジーラブ 狂熱の欲望 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 看護師「フェリシア」と戦場カメラマン「ディミトリ」の

 運命を描いた本作は

 恋愛映画史上屈指の「静かなる狂乱」を感じさせる怪作であります。

 セックス、反戦メッセージ、ミュージカル、ロマンスを

 細切れ的に挿入しながら

 緩慢且つ陰鬱に進行していくストーリー&演出は

 私に「各場面の意図」について想像力を行使しつつ

 「愛&情熱」の持つ狂気&死臭に堕ちていく感覚に

 立ち向かう機会をもたらしました。

 (悲劇とハッピー・エンドを力業で組み合わせたかのような

 幕切れを通じて「男女関係の不条理性」を

 写し出している点も見逃せません。)

 まさに「精神迷宮系恋愛映画」界に襲来した

 モンスター的作品であると言えるでしょう。

 純文学的難解さ、ポルノ的性認識、戦争映画的風景

 愛憎劇&不倫劇風味が

 暇つぶし規模の枠内で「混沌系ストーリー」を

 生成していく姿に圧倒される本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック