映画に感謝を捧ぐ! 「パリ警視J」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はジャック・ドレー監督の「パリ警視J」に

 感謝を捧げようと思います。


パリ警視J [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2018-05-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パリ警視J [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 麻薬組織に立ち向かうパリ警察の警視「ジョルダン」の

 運命を描いた本作は

 堅実さと多国籍感に彩られたアクション映画であります。

 アメリカ製刑事映画の流れを汲むストーリー

 ヨーロッパ的多彩さを感じさせる俳優&女優陣、アクション・シーン

 フランス各所の風景、1980年代文化の香り

 軽やかさ&繊細さを状況に応じて使い分けた音楽が一体となる光景は

 私に「優等生的物語に個性を持たせる」技法の一形態と
 
 アクション映画における「キャラクター&舞台」の重要性を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感と極道映画の香りを兼ね備えた

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「フランス流アウトロー刑事映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 アクション映画の法則&スター主義的作劇法を的確に抑えつつ

 フランス映画的苦味を保ち続ける

 軽業的バランス感覚に驚かされる本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック