映画に感謝を捧ぐ! 「東への道」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はD・W・グリフィス監督の「東への道」に

 感謝を捧げようと思います。


東への道 【淀川長治解説映像付き】 [DVD]
IVC,Ltd.(VC)(D)
2014-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東への道 【淀川長治解説映像付き】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 ロッティ・ブレア・パーカーの舞台劇「Annie Lairie」を

 もとにして作られたウィリアム・ブラディの同名舞台劇を映画化した本作は

 上品にして過激なサイレント女性映画であります。

 少女漫画風ラブ・ロマンスとして幕を開け

 田舎町ホームドラマを経て

 「男尊女卑社会」に対する壮絶なる刃へと成長していくストーリー

 サイレント系ロマンス、コメディ、サスペンスの技法を融合させた映像

 主演女優L・ギッシュの大いなる清純性が一体となる光景は

 私に「人生のドラマ&サスペンス性」・「サイレント的文学性」

 「スター主義とストーリー主義、大衆性と社会性の平和的共存」の一形態を
 
 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (勧善懲悪の爽快感よりも「寛容さ&愛」の輝きを掲げる

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「ロマンス&サスペンス入り社会論」の香り漂う

 女性映画の雄であると言えるでしょう。

 1919年の映画「散りゆく花」のチームが再集結し

 殺人に依存しないスリル&サスペンスと

 繊細さ故に周囲に翻弄される女性&伝統主義に囚われた人々が

 精神的に成長していく姿を映し出す本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック