映画に感謝を捧ぐ! 「クローンズ(2010年版)」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はホドリゴ・オルドネス監督の「クローンズ(2010年版)」に

 感謝を捧げようと思います。


クローンズ LBX-123 [DVD]
ARC
2011-12-12

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クローンズ LBX-123 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 クローン技術が実用化された世界で暮らす

 人々の運命を描いた本作は

 鑑賞者の頭脳を試すSF映画であります。

 状況設明を極限まで抑制し

 細切れ的&多角的に暴走するストーリーと

 SF、サスペンス、ホラー、ポルノの気質が混ざり合った

 映像が一体となる光景は

 私に「情報過多」がもたらす混沌の中で

 作品世界の真実&登場人物の心情を理解する能力を

 鍛える機会をもたらしました。

 (登場人物の多くを不幸にし

 様々な謎を残したまま訪れる幕切れが

 「スケール感&テクノロジー信仰」に対する警告となっている点も

 見逃せません。)

 まさにテクノロジー系SF史上屈指の

 「文学的狂気」を感じさせる大怪作であると言えるでしょう。

 物語&作品世界のスケールを無分別に広げ続けることによって

 生成される不条理&惨劇の嵐に圧倒される本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック