映画に感謝を捧ぐ! 「夜の訪問者」 

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はテレンス・ヤング監督の「夜の訪問者」に

 感謝を捧げようと思います。


夜の訪問者 [DVD]
KADOKAWA / 角川書店
2018-05-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜の訪問者 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 リチャード・マシスンの同名小説をもとにして作られた本作は
 
 T・ヤング監督&C・ブロンソン組の幕開けを告げる

 記念碑的作品であります。

 娯楽映画的アクションと二転三転する人間関係を

 地形効果を生かしつつ、軽やかに進行させるストーリー&演出と

 主演男優C・ブロンソンの渋味の利いた猛将ぶり

 国際色豊かな共演陣が一体となる光景は

 私に「文武両道に秀でた抗争」と「危機的状況がもたらす絆」

 「舞台&乗り物を有効活用したアクション・シーン」

 「ヨーロッパ風味溢れる配役」の醍醐味を

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (イベント的陽気さの中にブラック・ユーモアを宿す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「人種混合型巻き込まれ映画」の一翼を担う

 作品であると言えるでしょう。

 C・ブロンソンとヨーロッパ映画界を結ぶ「見えない絆」

 007シリーズ初期の雄T・ヤング監督の持ち味

 港町の魅力&危うさ、多人種の交わりがもたらす科学反応が

 豪快且つ上品に炸裂する本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック