映画に感謝を捧ぐ! 「リビング・ブラッド」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はシェルドン・ウィルソン監督の「リビング・ブラッド」に

 感謝を捧げようと思います。


リビング・ブラッド [DVD]
アルバトロス
2008-04-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リビング・ブラッド [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 血に染まった少年の謎に迫る保安官と

 仲間達の運命を描いた本作は

 アイデア性と猟奇性が絡み合うホラー映画であります。

 悪霊系ホラー、異常心理サスペンス

 仇討ち映画の気質が混ざり合ったストーリーと

 見世物的且つ幻惑的な映像が融合し

 出たとこ勝負的に進行していく光景は

 私に「怪談的恐怖と残酷趣味的恐怖の平和的共存」と

 「身内の死が人間に与える影響」をホラー的に表現する

 技法の一形態を目の当たりにする機会をもたらしました。

 (ハッピー・エンドと見せかけて「際限なき復讐の連鎖」を写し出す

 幕切れとなっている点も見逃せません。)

 まさに「化け物屋敷+ミステリー系ホラー」の

 一翼を担う作品であると言えるでしょう。

 細切れ描写、流血、胡散臭さに包まれた作品世界の中に

 哀しみ&ある種の爽快感を秘めた本作と

 生きて映画を観ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック