映画に感謝を捧ぐ! 「異常犯罪捜査官 惨劇の館」

 映画弁護人GHM(西村哲也)です。

 今回はダスティン・リカート監督の

 「異常犯罪捜査官 惨劇の館」に感謝を捧げようと思います。


異常犯罪捜査官 惨劇の館 [DVD]
パンド
2004-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異常犯罪捜査官 惨劇の館 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 連続殺人事件の謎に挑むFBI捜査官コンビと

 仲間たちの運命を描いた本作は

 壮絶にして珍妙な異常心理サスペンスであります。

 サスペンス、アクション、SF、ホラーを詰め込みながら
 
 勢い任せに進行するストーリーと

 見世物性&猟奇性を重んじた演出が一体となる光景は

 私に「映像的インパクト」への依存と

 「軽量級映画的ご都合主義&ハッタリを多用しつつ

 物語としての論理性は守ろうとする」精神のせめぎ合いを

 目の当たりにする機会をもたらしました。

 (アルバトロス系列ならではの「戦術性」を感じさせる邦題

 モンスター映画風味満載の「真相」

 情緒&ロマンスに依存しないクールな幕切れも

 見逃せません。)

 まさに「ジャンル混ぜ合わせ型サスペンス」の一翼を担う

 珍作であると言えるでしょう。

 1991年の映画「羊たちの沈黙」と

 米ドラマ「Xファイル」の流れを汲むストーリー&キャラクター造形が
 
 効率主義&出たとこ勝負的に突き進む本作と

 生きて映画を見ることのできる幸せに深い感謝を!!!。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック